Portfolio of Illustrator Mako Komaki

Try Persona Pro
X
  1. profile

    小牧 真子 / Mako Komaki

    イラストレーター
    兵庫県生まれ、神奈川県在住。天秤座。
    「イラストレーションで伝えること、伝わること」を意識して、自然の存在感に介在する繊細さ、美しさを描いています。
    作品に関するご感想・お仕事のご依頼・スケジュールなど、お気軽にご相談ください。

    Japanese illustrator based in Tokyo.Living in Kanagawa.

  2. Backgraound / 経歴

    広島大学理学部数学科 卒業。セツ・モードセミナー卒業。安西水丸塾、コム・イラストレーターズ・スタジオ受講。MJイラストレーションズ(7期生)。日本児童出版美術家連盟 会員。

    Graduated from the Hiroshima University, And COM illustrators Studio, the MJ illustrations (7th class), Member of THE JAPAN CHILDREN’S BOOK ARTISTS SOCIETY.

  3. Production environment / 制作環境

    ドローイングにパステルで着彩するアナログ作品と、アナログとデジタルを組み合わせた技法で制作しています。
    入稿・納品は、アナログとデジタルいずれにも対応していますので、お気軽にご相談ください。

    • PCMac OS X
    • AppAdobe Creative Cloud Photoshop、illustrator、Fresco
  4. Awards / 受賞

    • 2006.11第151回チョイス 緒方修一選考 入選
    • 2007.07ペーターズギャラリーコンペ2007 土井章史選考 最終選考
  5. Works / 仕事実績

    主なクライアント

    新潮社、道友社、中央公論新社、かまくら春秋社、Rue des écoles /Milla édition(フランス)、読売新聞東京本社(Yomiuri Online・大手小町)、ベネッセ(ひよこクラブ・こどもちゃれんじ・ウィメンズパーク)、日本文教出版、川村記念美術館、オレンジページ、扶桑社(ESSE)、リクルート、日経BP、昭林社、目黒区役所、翔泳社、講談社、学研、ゾナルト アンド カンパニー 他。

  6. Favorite / 好きなもの

    こどもの頃から好きなものは、お絵かきと絵本です。小学生になってからは児童文学を図書室で読むようになり、授業で学んだ算数の問題を解くのが好きでした。その延長で、神話や星座を探したりしました。高校から大学にかけて、数理モデルの美しい世界にとても惹かれました。高校時代に数学の美しさを教えてくれた数学の恩師のおかげです。高校の数学恩師に導かれ、大学では美術ではなく数学を専攻して代数幾何学を学びました。卒業前に出会ったフラクタル幾何学に太古から育まれた雄大な美しさとロマンを感じました。植物の形や雪の結晶、山の稜線、波など、身近な自然界で目に触れるフラクタルの幾何学模様。いつからか、フラクタルなラクガキのようなものが、絵の中に介在するようになりました。

    30代になって手作り絵本を始めてから、読み聞かせをする機会ができました。数年前から地元の小学校での読み聞かせボランティアに参加させていただいています。こどもたちが絵本の世界へすっと引き込まれた時に見せてくれるきらきらした瞳には、とても力強いパワーを感じます。誰が読んでも、絵本の魔法がかかる瞬間とでも言うのでしょうか。

    一番良いのは、大好きなお父さんお母さんや信頼できる大人に読んでもらうことです。成長につれて、私は両親・祖父母によんでもらうだけではなく、小学生低学年からは自分で好きな絵本を選んで読むようになりました。思春期になって、内面の成長に悩むような年ごろで、再び幼い頃に読んだ絵本に出会い直しました。幼い頃、母が私に与えてくれた絵本を、思春期の私自身が再び選んで読んでいました。当時を振り返って思うのは、大人になっても絵本がもたらす幸福感や温かさはかけがえのないもので、いつでも手にすることができるんだということでした。誰が読んでもお話の素晴らしさを伝える絵本を生み出してこられた絵本作家の偉大さに感謝しています。

    Ever since I was a child, my favorite things were drawing and picture books. In elementary school, I started reading children's literature in the library, and I liked to solve math problems that I learned in class. As an extension of this, I searched for myths and constellations. From high school through college, I was very attracted to the beautiful world of mathematical modeling. I owe it to my high school math teacher who taught me the beauty of mathematics. Guided by my high school math mentor, I majored in mathematics in college instead of art, studying algebraic geometry. Before graduating, I encountered fractal geometry, which gave me a sense of the majestic beauty and romance that has been nurtured since ancient times. Fractal geometrical patterns that we see in the natural world around us, such as plant shapes, snow crystals, mountain ridges, and waves. Somewhere along the line, a kind of fractal graffiti began to intervene in my drawings.

    Since I started making handmade picture books in my thirties, I have had the opportunity to read to children. For several years now, I have been participating in volunteer storytelling at a local elementary school. The sparkling eyes of the children when they are drawn into the world of picture books are very powerful. This is the moment when the magic of picture books happens no matter who is reading.

    I think the best way is to have your beloved parents or trusted adults read to you, but for me, the time I spent reading by myself was much longer than just having my parents or grandparents read to me, starting around kindergarten. As I entered adolescence, I found picture books again at a sensitive time when I was struggling with my inner growth. The picture books that my mother had given to me as a child, I chose to give to myself again as an adolescent. Even as an adult, I feel that the happiness and warmth that picture books bring is irreplaceable. I am grateful for the greatness of picture book authors who have been able to create picture books that convey the beauty of stories to anyone who reads them.

X
X
X
X